これがいいペット
ホーム > 健康 > 日中のパフォーマンスには重要なこと

日中のパフォーマンスには重要なこと

朝食を食べるほうが、体に良いか、それともよくないかについては、さまざまな意見があります。朝食を、推奨する意見についてですが、寝ているあいだに、人間の脳は、ブドウ糖(グルコース)を、消費しております。起きたときに、ひとは、低血糖になっております。

 

ストレス社会の現在、より、ブドウ糖の消費は、おおくなります。朝から、仕事や家事などで、忙がしいわたしたちにとっては、低血糖だと、まず、頭のはたらきが、悪くなります。ブドウ糖は、すぐに、体内で、エネルギーにかわるため、朝食は、食べた方がいいという説があります。

 

一方で、朝食は、食べないほうが良いという、説もあります。朝食を食べると、急速に、血糖値があがり、午前中に、眠気をもよおしたり、朝からつかれたりすることがあるからです。朝食をたべなくて、パフォーマンスが、あがるのであれば、無理に、朝食はとる必要がないです。

 

ただ、朝食を抜くと、パフォーマンスが落ちるが、朝食をしっかりとると、逆に、午前中、眠気をもよおしやすいひとは、朝食の内容を、みなおしたほうがよいです。お米は、朝食には、良いですが、ごはんにしてたべると、眠くなるひとがいます。そのようなひとは、米を玄米にかえたら、血糖値があがりにくく、からだにもよいです。

 

また、カリウムは、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるため、朝に、スムージーは、理にかなっております。血糖値が急上昇しないような朝食えらびが、大事です。

薄毛が気になる方におすすめ!これからの育毛対策ににはコレ